Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://peperonp.blog59.fc2.com/tb.php/399-d666bdb5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

よく使うソフトシンセのレビュー

作業環境についてよく訊かれるのでかんたんにまとめておきたいと思って書きました。
頻繁に使うものをまとめています。好評であればエフェクトプラグインの方も書きたいと思ってます。

はじめに申し上げておくと、私は無料のプラグインはほとんど使用しません。
無料ということでついつい入れすぎてしまって、結局鳴らしもせずにいるものがプラグインリストに溜まった経験のある方は少なくないのでは?
あと無料のプラグインは意外と重いものが多いです(プラグインの内部処理で無駄な部分が多いのかも)。プラグインフォルダに入れただけでDAWが起動時に落ちるなんてことも頻繁に起きます。

ということで、本当に必要と感じなければ無料のものを積極的に入れることはないです。
では本題のソフトシンセレビューにいきましょう!


HALion 使用頻度:☆☆☆☆☆
bandicam 2014-05-10 14-37-31-154

http://japan.steinberg.net/jp/products/vst/halion/halion_5.html
総合音源。テンプレートに常に起動させてあります。
専用音源に一歩譲る部分はありますが、アコースティック楽器に良い音が揃っています。おそらくSteinbergがYAMAHA子会社だからかな(YAMAHAシンセは生楽器系が特に強い)。
シンセ系の音色は基本的なものが多く飛び道具のような音は少ない印象。
ギターやストリングスなどのキースイッチなどが分かりやすいです(下部の鍵盤にキースイッチが表示される)。
あと自動でアサインされるツマミの設定は音作りはしやすいものが揃っていていいですね。これからもいっぱい使います。


Omnisphere 使用頻度:☆☆☆☆
bandicam 2014-05-10 14-37-52-348

http://www.minet.jp/spectrasonics/omnisphere
これもテンプレに常に起動させてある音源。すきすぎてつらい
そこまで頻繁に使用しませんが使うと必ず期待に応えてくれるツワモノ
器用な音源ではありませんが独特の世界観を持った音色が多く、曲作りに悩んでいるときにプリセットを漁るとアイデアが浮かんでくるような音源。
音色の数がとにかく多いので、時間があるときに音色をチェックして、自分なりにレーティングで音色を管理するといいです。
私は聴いたけど使わなさそうな音=☆1、どこかで使えそうな音=☆3、これはいつか使いたいと思った音=☆4、実際に使った音=☆5のように管理していました(過去形なのはPC買い換えて設定がふっとんだため)。


Stylus RMX 使用頻度:☆☆☆☆
bandicam 2014-05-10 14-38-04-860

http://www.minet.jp/spectrasonics/stylus-rmx
ReCycleのようなスライス方式のドラム音源。リズムやグルーブをかんたんに変更できます。
他人の曲でも結構Stylusの音、よく聴きます。
ドラム全てをこれで作るようなことはほとんどありませんが、ちょっとしたパーカッションや、メインのドラムにプラスして何かリズムを入れたいみたいなときによく使います。
グルーブを選んでDAW上にドラッグ&ドロップするだけでリズムが作れるのは楽しいです。
内蔵されたエフェクトも分かりやすい効果のものが多いので、けっこう使っています。
あと見逃しがちですがワンショット系のパッチはよく出来ています。「何かいいキックないかな・・・」みたいに探すときには重宝しますよ。


Addictive Drums 使用頻度:☆☆☆
bandicam 2014-05-10 14-37-06-474

http://www.h-resolution.com/xln/AddictiveDrums.html
アグレッシブな音色のドラム音源。
ぶっちゃけ大嫌いな音源だったんですが拡張音源「Black Velvet」の音色(特にスネア)が素晴らしくて最近ではかなり使うようになりました。
プリセットは特徴的な音なので弄らずにそのまま使うと持ってる人にこれADだろ!ってすぐバレます。
動作が軽いので、気軽に使える音源という印象。キーマッピングが特殊なので必ずGM配列にしてから使っています。
マルチアウトがシンプルで分かりやすくていいです。内部のエフェクトは使ったことがないのでよく分かりません
MIDIのグルーブ集は少し使いにくいですね。この辺はEZ Drummerとかのほうが探しやすいさもフレーズの感じも好きです。
今度バージョンアップするらしいですね。たぶん買うと思います。


Addictive Keys 使用頻度:☆☆☆☆
bandicam 2014-05-10 14-38-30-999

http://www.h-resolution.com/xln/AddictiveKeys.html
ポップス向きのピアノ音源。もうかなりすき。最近の曲でピアノがガリガリ鳴ってる曲だったらほとんどこれだと思っていいです。
値段以上に使える。ロックとかでもかなりいけます。クラシックのような、ピアノだけの曲にはあまり使えそうにない音色なので注意。
ADと同じく立ち上げてすぐ音が出せるのもかなりポイント高い。
マイキングが細かく設定できてEQやコンプ以外の部分で音作りができるし、なにより硬い音がバリバリに出せるのでイイ。
最近はアップライトのスピード感ある音にハマっています。E-Grandの拡張音源も買っちゃいそう。


AGM 使用頻度:☆☆
bandicam 2014-05-10 15-24-32-506

http://www.amplesound.net/en/pro-pd.asp?id=4
Ample Guitarのアコギ音源。他にもいっぱいシリーズあります。
カリカリとしたノイズや空気感がすっごく生々しくて、アルペジオだとたぶん本物と区別付かないです。
Strummerという、ジャカジャカを自動でやってくれるモードもありますが、こっちは使ったことがありません。
ちゃんとストラム用の単音とアルペジオ用の単音をサンプリングしてるのはナイスアイデアだと思います。
自分はこの音源はアルペジオで使い続けると思います。ストラムで納得のいくアコギ音源にはまだ出会ったことがありません>


Scarbee Bass 使用頻度:☆☆☆
bandicam 2014-05-10 14-47-55-693

http://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/guitar/scarbee-pre-bass-amped/
KONTAKTのベース音源。Scarbeeにはいっぱいシリーズがありますがどれも出来は良いです。
その中でも特に最近使うのがScarbee Pre-Bass Ampedで、輪郭がはっきりしたぶっといサウンドがもう最高です。あまり弄らなくてもぴったりハマってくれる。
Scarbeeのベースはキースイッチや操作が非常に分かりやすくて打ち込みが楽しいのが個人的によく使う理由のひとつだったりします。
ベース音源だと他にTrilianが有名ですが、あれはキースイッチが少し分かりにくいので少し気軽さには欠けますね。音はどっちも良い部分があると思います。


Damage 使用頻度:☆☆
bandicam 2014-05-10 14-56-27-624

http://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/orchestral-cinematic/damage/
KONTAKTのドラムループ音源。「シネマティック」に分類されていますがロックや激し目なクラブサウンドでも使える音です。
Stylusのような自由度はありませんが、パッチ選んで鍵盤押しているだけでループが再生されるという簡単操作です。
内臓エフェクトがめちゃくちゃ使いやすい。映画音楽のようなダイナミックなドラムが、上モノのハイハットのようなサウンドに簡単に変わってしまいます。
ディストーションの歪み方も気持ちいいし、パターンも多いのでかなり使いやすい音源です。


Nexus2 使用頻度:☆☆☆
bandicam 2014-05-10 15-08-49-908

https://refx.com/products/nexus/summary/
最近購入したのですがもうバリバリに使いまくってます。もっと早く買えばよかった
海外通販をしなくてはいけないので若干入手のハードルは高いかも。自分は4日で届きました。
よく使う「お約束」のような音が素早く取り出せるので重宝します。動作も軽快ですね。
よく作りこまれている音色が多いのであまり弄る必要もないかもしれませんが、内臓エフェクトが分かりやすい効き方でとても使いやすいです。
アルペジエイターはちょっと操作が分かりにくいですね。やれることの自由度もそんなに高くありません。
もう少しでかい画面で操作できてもいいかなって思います。


Mini V 使用頻度:☆☆
bandicam 2014-05-10 15-23-06-276

http://www.hookup.co.jp/products/arturia/miniv/index.html
Arturiaのヴィンテージシンセモデリング音源です。Minimoogのモデリング。
Arturiaのモデリングソフトシンセは全部持っていますがその中でも特に使うのがこれ。Prophetのモデリングもそこそこ使っています。
シンセをよく理解している人なら誰でもすぐ使える操作性、音の良さ、実機に無いアルペジエイター。どれも素晴らしいです。
MiniVはベースで好きな感じの音が簡単に作れてしまうので、ついつい使ってしまいます。
フィルターを少し絞ったときの高音域の引っかかり方が好きです。少しジュワっとする感じというか・・・
プリセットは使いやすいものが多いので、それを元に音作りをしていくのが良いかもしれません。



以上、よく使うソフトシンセのレビューです。
定番のものが多くあまり面白くなかったかもしれませんが、参考にしていただければ幸いでございます。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://peperonp.blog59.fc2.com/tb.php/399-d666bdb5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

虹原ぺぺろん

Author:虹原ぺぺろん
ぺぺろんでございます。
主にニコニコ動画で曲を投稿しています。パンツ派閥は陰謀派
リンクは直接このブログにではなく以下のサイトにお願いします

ウェブサイト:M-tone


twitter

PC少女リプル!のぶろぐぱーつ!

ツキウタ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。