Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://peperonp.blog59.fc2.com/tb.php/363-ac1e54e5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

作業環境について

出張で作曲講座などを行うと環境についてよく聞かれます。
今回はハードウェアをどのように組み合わせているのかを紹介します。
BGmZht4CQAAdmLw.jpg

同じ「DTM」という区分でも、ジャンルや制作スタイルによって環境は十人十色です。
例えば、ギタリストの人はPCにオーディオインターフェイス、あとはギターだけ!なんて人もいます。音程はギターで確認するので鍵盤すら置いてなかったり。

私の制作スタイルはハードとソフトをバランスよく、といった感じだと思います。
ポイントはハードウェアのシンセサイザー(MOX6)を音源兼MIDIキーボードとしている部分です。
これにより、鳴らしたい音を瞬時に鳴らして音を録る。そのような制作が可能です。
もちろんDAW上で立ち上げたプラグイン音源なども同じ鍵盤で全て演奏できます。
こういった環境全ての音源にアクセスすることができる鍵盤をマスターキーボードと呼びます。

マスターキーボードを使ってあらゆる音源を鳴らす場合は、MIDIインターフェイスなどを使って複数の音源にMIDIを分岐させるか、DAWを使ってUSB経由でMIDIをやり取りするなどする必要があります。前者は機器が増える分お金がかかりますが、配線などは簡略化できると思います。後者は誰でも手軽に始められますが、USBを多く埋めてしまうので、USBハブなどを使うことになります(安定性は下がります)。


さて、とりあえず自分の環境を簡単な図にしてみました。以下のようになります。クリックで拡大
環境まとめのコピー


まずは左上から。マスターキーボードMOXがDAWとMIDIのやり取りができるようになっています。これはUSB経由です。
DAWからMIDIを送ればマルチアウトのハード音源のようにもなります。最近はその場で鳴らしてその場で録るという手法が増えています。

2月に導入したINTEGRA-7はマスターキーボードとDAWのどちらからもMIDIを受信できる設定になっています。
DAWを起動していなくても鳴らしたいときがあったので、このようなセッティングにしました。DAW起動時はDAW経由でMIDIを受信させます。これもUSB経由です。

ギターやベース、その他のシンセサイザーや音源モジュールは常に繋いでいませんが、曲に応じて接続します。
音源モジュールなどはINTEGRA-7と同様、DAWからMIDIを出してUSB経由で受信させます。
あとギターは使用頻度が高いですね。アンプシミュレータなどを間に挟むこともあります。POD HDやZOOM G3などを使います。


こういった音源、楽器などの音は全てオーディオインターフェイスを通じてDAWに送られます。
SteinbergのDpreの音が好きでUR28Mを使用していますが、入力数が足りなくなってきたのが最近の悩み。
できれば色んなMIDI音源を常に接続しておきたいんです。繋いでいないとなかなか使う気にならないことがあるので・・・。
近いうちに入力数の多いものに変更するかもしれません。

あとUSBもすっきりさせたいのでMIDIインターフェイスの導入も考えています。
マスターキーボードに直接繋ぐと手元でMIDI送信先(USBかMIDIアウトか)を切り替えなくてはいけないので、DAWから送られてきた先にMIDIインターフェイスを入れて分岐させるという方法を取ると思います。

それと忘れてはならないのが電源です。最近電源モジュールを買いました。
TASCAMのAV-P250LUです。USBの電源供給、充電ができるというのが個人的に凄くうれしいです。
たとえばUSBバスパワーで動くインターフェイスは簡易的なミキサーとしても使えます。

右上のあるミキサーから再びPCにオーディオが送られていますが、これはニコ生用です。
単体のオーディオインターフェイスだとかなり工夫しないとPCから出力される音を配信するのは難しかったりします。


自分の環境をよく理解しておくということは大事だと思います。
何ができて何ができないのかが分かっていれば作業がスムーズになります。
また、次に何を導入すれば良いのかということもよく分かります。
みなさんも自分の環境を最適化して、自分の制作スタイルを確立しましょう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://peperonp.blog59.fc2.com/tb.php/363-ac1e54e5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

虹原ぺぺろん

Author:虹原ぺぺろん
ぺぺろんでございます。
主にニコニコ動画で曲を投稿しています。パンツ派閥は陰謀派
リンクは直接このブログにではなく以下のサイトにお願いします

ウェブサイト:M-tone


twitter

PC少女リプル!のぶろぐぱーつ!

ツキウタ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。