Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://peperonp.blog59.fc2.com/tb.php/333-bcc8ce45

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【講座:ボカロPになろう!】第1回:ボカロPになるためには

【13.4.10】内容をより具体的にまとめました
http://peperonp.blog59.fc2.com/blog-entry-366.html



セミナーなどでよく質問されるのが「何を買ったらいいのかが分からない」という内容です。
ということで、とりあえず何を揃えれば良いのかを説明しようと思います。
上にあるものほど優先度は高いです。

今回は30000~50000円くらい(PC含めず)でそれなりの環境を作れる方法を紹介したいと思います。

---------------------------《必需品、無いと始まらない》------------------------------

・PC
2012年10月現在ではVOCALOIDはWindowsにしか対応していないのでWindowsを勧めます。
最近のPCはスペックが高い割に価格は下がっているので、VOCALOID単体を動かす程度であれば問題は無いでしょう。
特に持ち運びしたりしない限りはデスクトップを使用した方が良いでしょう。


・VOCALOIDとVOCALOIDエディタ
VOCALOID3で制作を始める場合はライブラリ(声のデータベース)とVOCALOID3エディタ(ライブラリを歌わせるもの)の2つが必要です。
2つ合わせると20000円弱くらいです。ライブラリ2つ目以降はエディタが要らないので安く済みます。
またVOCALOID3エディタはVOCALOID2を動かせます。

VOCALOID2で制作を始める場合はライブラリとエディタがセットになっています。15000円くらいです。
エディタは常にセットになっているので2つ目以降も同じ価格です。

VOCALOID単体で出来ることは歌声を作成することのみです。伴奏を作成することはできません。
VOCALOID3エディタを使うと、外部の伴奏を取り込んで歌声と合わせることはできます。


・オーディオインターフェイス
PCと外部との音のやり取りができる機器です。ギターやマイクからの音を録音することもできます。
ここで一つ非常に重要なポイントがあり、オーディオインターフェイスは必ずDAWが付属されているものを選んでください。
DAWとは簡単に言うと伴奏を作成するソフトです。オーディオインターフェイスを手に入れつつ付属されたDAWを同時に手に入れるという方法が価格を抑えつつ環境を揃えられる良い方法です。

価格帯はかなり広いですが、始めは10000~20000円くらいのものでDAWが付属しているものを選んでください。
オーディオインターフェイスに限った話ではありませんが、自分のPCで使えるかを必ず確認して下さい。USB接続で使えるものがお勧めです。
SteinbergのCIシリーズやRolandのCaptureシリーズなどの人気が高いようです。
価格もそこまで高くなく、信頼性が高いと思います。もちろんこれらにはCubaseやSONARといったDAWが付属しています。

VOCALOID+オーディオインターフェイス+付属DAWで、「自分の伴奏でVOCALOIDを歌わせることができる」という環境は整います。

---------------------------《準必需品、Pは誰でも持ってる》------------------------------
・MIDIキーボード
PCに演奏情報を送ることができるキーボードです。これ単体では音は出ません。
鍵盤を弾けない人でも音階を確認したり、PC内部の音源を鳴らして確認したりという作業はあると思うので、バリバリに弾けなくても持っていて損はありません。

鍵盤の多さや機能等で価格が変わります。置くスペースなども考慮して選びましょう。
両手で弾くためには最低でも3~4オクターブ(鍵盤数で言うと37~49鍵)くらいは必要です。
片手で音を確認する程度であればKORG microKEYのような小型のものでも大丈夫でしょう。


・ヘッドホン・スピーカー
言うまでも無く音の確認に必要です。ヘッドホンは携帯型音楽プレイヤーを聴くようなものでは少し頼りないので、できればやや大きめなモニタ用のものを選んでください。
スピーカーもモニタ用といわれる、音がフラットなものが音楽制作には最も適しています。


・音源とプラグイン
DAWにははじめから音源が付属していますが、更に良い音を求める場合は音源を買い足していくことになると思います。
また、音源だけでなく、音を処理するエフェクトも外部のものを買い足していくことで環境を強化できます。


---------------------------《あると便利なもの》------------------------------
・楽器
ギターやベース、シンセサイザーなどあらゆる楽器。ライン録りできるものはオーディオインターフェイスに直接接続、それ以外の楽器はマイクなどを使って録音します。

・フィジカルコントローラー
DAW上のメーターを動かしたり、再生や停止を行ったりできます。作業効率を高めることができます。
MIDIキーボードもある意味フィジカルコントローラーですが、重要度が高いので別にしました。




はじめは環境作りに戸惑うと思いますが、分からない部分は必ず経験者に聞いてください。
はじめから全ての環境を一度に整えようとすると大変です。まずは最低限の環境を作り、必要になったときに買い足せば良いと思います。

ご質問などはTwitterやメール、ブログのコメントまで。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://peperonp.blog59.fc2.com/tb.php/333-bcc8ce45

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

虹原ぺぺろん

Author:虹原ぺぺろん
ぺぺろんでございます。
主にニコニコ動画で曲を投稿しています。パンツ派閥は陰謀派
リンクは直接このブログにではなく以下のサイトにお願いします

ウェブサイト:M-tone


twitter

PC少女リプル!のぶろぐぱーつ!

ツキウタ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。